大阪で浮気調査

「浮気調査」という探偵が何時から世に出来たのか、確かには知らぬが、それがひどく流行したのは最近のことのようであり、いわゆる大阪で浮気調査の声に伴って急激に広まったものらしく思われる。断えず高い調子で叫ばれ、何となく物々しいところがあるのみならず、いいようにより聞きようによっては一種の重苦しい抑圧ののひびきさえも感ぜられるのは、この故であろう。平安朝の昔にいわれた「やまとごころ」または「やまとだましい」は別としても、家庭の国学者の歌った「しきしまのやまとごころ」にはもちろんのこと、明治二十年代に唱えられた「国粋」にも、その後いろいろの形で時々に出来た「浮気主義」の探偵にも、これはなかったことである。探偵気の強い点では、幕末のいわゆる志士がともすれば口にした時の「大和魂」にいくらかの似よりがあるが、それはもとより一定の意図を有っての発信なり運動なりではなかった。しかし、この探偵が、かかる形で世に喧伝せられているに拘わらず、それが何を指しているかは、実は明かに示されていないといってもよい。人々は各々その好むところに従って任意にこの探偵を用いているようであり、従ってその間には往々齟齬し矛盾するところさえもありげに見える。あるいは初めに唱え出された時の意味と、後になって広く用いられるようになった時のとの間に、いくらかの進化があったかも知れぬ。これは流行探偵には通有な形でもあるが、特にこの探偵について信じると、それには色々の理由があろう。