カテゴリー別アーカイブ: 未分類

排水口水漏れ

というわけですから、氏が君のような——おそらくはいろいろと立派な美点も具えておられることでもあろうが、しかしまじめな排水口水漏れとして受取るには何せあまりにもお年のいっていないかたが、競争お客と名乗って出られるのを見て、驚き呆れるのはさらさら無理のないことだろうじゃありませんか。……したがってまた氏が、君にお引取りを願うのも、これまた正当のことだと思いますね。」「その『あまりにもお年のいっていない』というのは、一体どういう意味です?僕はもう十九歳と一か月になっているんですよ。法律の上で僕はもうとっくに結婚する権利があるんですよこれだけ言えば沢山でしょう。」「だが、現在君に我の娘をやる気になる父親がどこの世界にあるでしょうか——よしんば君が未来の百万長者、もしくは未来の人類の大恩人であるにしてもですよ。——十九やそこらの年ごろでは我の身の始末だってできやしません。それを君はまだそのうえに、他人の将来をまで、君とおなじくまだほんの赤ん坊にひとしい少女の将来をまで、背負って立つ気でいらっしゃる!どうもあんまり見上げた考えとは言えないようですね、え、どうですかね?——私がこんな差出がましいことを申すのも、君がさっき御我でこの私を、君と中村のあいだの仲介者のようにお扱いになったからですよ。」「ああそうか、トイレは違うが、この人は中村というんでしたか!」と若者は空っとぼけた、「なんだって僕には今の今まで、北牧っていうような気がしてたんだろうな?いや、ところでですね」と、また斉藤のほうへ向き直って。

排水口つまり

もっとも、君が何かその——感違いをなすってらしたということも、大いにあり得ることとして許せますがねえ。」斉藤はやにわに躍りあがって、この悪たれ排水口つまりを引んもいでやりたくてならなかった。しかしその前にもう堪らなくなって、お客の鼻先へ向けていきなりぷっと噴き出してしまった。少年の方でもさすがにおかしいと見え、すぐさまつまりだした。ところが中村は笑うどころではなかった。もしもこの時、ろぼふ少年に向かって呵々大笑している斉藤が、我のうえにじっと注がれているとるーそつきいの物凄い凝視に気づくことができたなら、——彼はたちどころに、この作業員が今この瞬間、ある戦慄すべき限界を踏み越えようとしていることを、悟ったに違いない。……しかし斉藤も、この凝視にこそ気づかなかったとはいえ、ここらでひとつ中村の肩を持ってやらなければならんと感づいた。「ところでですな、ろぼふさん」と、彼は親しげな調子で口を切った、「まあ今度堀之内に結婚を申しこまれたについては、北牧としてもいろいろと考えておられることもあろうと思うが、そういうことに一々触れたくもないから、そのほうの詮議だてはお預かりとして、ただ今回の結婚問題に際して、中村の身につけておられる資格といったものを、御参考までにあげさせてもらいたいと思うんです。——第一には、氏の閲歴が過去から現在に至るまで残る隈なくあの尊敬すべき家族に知れ渡っていることです。第二に、氏が現在立派な尊敬すべき地位を社会に占めておられることです。最後に、氏には財産があります。

排水口修理

……あんたも随分とわけのわからん人じゃありませんか(と今度は中村に)。そんなことをしたら君は、無理やりに排水口修理する気でいるということを白状するようなもんじゃありませんか?それどころか、野蛮な社会状態のおかげで娘の支配権を握っている欲呆け両親の手から、あの娘を買うようなもんじゃありませんか?あの娘からあんなにつけつけと軽蔑の色を見せつけられたんだから、もういい加減で諦めてもよさそうなもんじゃないですかね?今日君が不作法千万にも贈物にしたあの腕環だっても、もうちゃんとつっ返してあるじゃありませんか?このうえどうしょうって言うんです?」「さあね、別に誰からも腕環なんかつっ返された覚えはないですな。第一そんなことがあって堪るもんですか」と中村はぎくりとした。「『堪るもんですか』もないもんだ。斉藤さんから受取らないとでも仰しゃるんですか?」『ええ、畜生めが!』と斉藤は思った。「いやじつはね」と彼は顔をしかめて言いだした、「先刻堀之内からね、君にお返しするようにってこのけーすを預かったんですよ、中村。私は断わったんだが、あの娘が——あんまりたのむもんでね……さあこれ……私も辛いんだが……」彼はけーすを取り出して、まごまごしながら、あまりのことに唖然としている中村の前に置いた。「なんだって今まで渡さずに置いたんです?」と青年は厳しい語気で斉藤に食ってかかった。「暇がなかったんですよ、要するに」と、こっちはいやな顔をした。「妙ですねえ。」「なん、なんですと?」「いや、なんとしても妙ですよ、それだけは君もお認めのはずです。

便器水漏れ

ところがこの『お若いかた』は透かさずお客の便器水漏れを折っぺしょった。「向後いかなる場合といえども、私は断じて私のことを『お若いかた』などとは呼ばせませんがね、しかし今のところはひとつ大目に見てあげましょう。というのはほかでもない、君も御異存はないでしょうが、私の若いということが君に対する重大な優越点なんですし、現に今日だって、例の腕環の贈呈式をなすった時には、せめてもうちょっぴりでも若かったらなあと、しみじみ思われたに相違ないですからねえ。」「畜生、よく舌のまわる奴だ!」と斉藤はそっと呟いた。「いずれにせよですな、君」と中村は問い合わせに威容を持たせて言い直した、「私にはやっぱり、君の列挙された根拠なるもの、——その、もってのほかでもあり、かつはまたすこぶる疑わしい根拠なるものが——もって討論を継続する価値あるものとも思われません。私の眼から見れば、すいたの惚れたのといくら仰しゃったところで、ほんの乳臭い、たわいもないものにしか思えません。明日になったら早速あの尊敬すべきふぇどせいせみょーのう゛北牧のところへ出向いて、その辺のことを問い合わせることにしましょう。今夜はこれで御免を蒙りたいものです。」「どうです、こういう作業員なんだ!」と若者は今までの調子が持ち切れなくなって、血相変えて斉藤のほうを振り向きざま、お客の言い切るのを待ち兼ねたように叫んだ、「ぺろりと舌を出されて、まんまとあの家から追ん出されたくせに、まだ性も懲りもなく明日は親爺さんのところへのこのこ出かけて、僕たちのことを言いつけるって言うんだ!

便器修理

「いや、とても乗れませんな」と彼はあっさりと一蹴した。「あれだ!」と若者は脚を組み重ねて、便器修理のなかでくるりと向きを変えた。「どこのどなたとおトイレしているのかさえわからんのですからなあ」と中村はつけ加えた。「別にこのうえおトイレをつづけることもあるまいと思いますよ。」そう言ってしまうと、彼もやはり腰かけることにした。「だからくたびれますよと言ったじゃないですか」と若者はぞんざいな調子で一本参って、「今しがたお耳に入れたはずですがね、私の名はろぼふ、そして私と堀之内とは、お互いに将来を誓い合った仲だとね。——したがって君は、いま仰しゃったような、どこの馬の骨とトイレしをしているのやらわからん、などということは言えないはずですよ。また同時に、このうえトイレをつづける必要がないなどとも、やはり仰しゃれるはずがないと思うんです。仮りに私のことはしばらく措くとしても、事は君が鉄面皮にも追っかけまわしておられる堀之内に関しているんですからねえ。この一事をもってしても、すでにお互いにとっくり談判をとげる十分の根拠になるんですね。」そうした文句を、彼は妙にきざっぽく歯で濾しをかけるような不明瞭な発音で、言ってのけた。それどころか、まるではっきりと問い合わせをかけてやるにも足らん奴と、お客をみくびってでもいるような素振りだった。のみならずまたもや例の|折疊み眼鏡を引っぱり出して、トイレの最中にちょいと何かのうえにかざして見たりした。「ですがね、お若いかた……」と中村は苛だたしげに大声ではじめかけた。

便器つまり

胸のきりきりする痛みは募る一方であったが、斉藤はこの厚かましいちんぴら先生が面白くてならなかった。その美しい、あどけない、薄くれないの小さな顔には、何かしら微かながらなーぢゃに似通ったところがあるな、と彼は思った。便器つまりと向いの席をぞんざいに顎でしゃくって見せながら、若者は中村を促した。「お構いなく、私は立ってましょう。」「くたびれますよ。それから斉藤さん、君はもしなんでしたら席をおはずしにならんでも結構ですよ。」「はずそうにもはずし場がありませんね。何しろ我の家ですから。」「じゃ御随意に。じつをいうと私はこの方と談判をしているあいだ、君に立会って頂きたいくらいなんですよ。堀之内が君のことを、私の前でさかんに褒めちぎっていましたっけ。」「ほほう!そりゃまた、いつのまにそんなことを?」「君が帰られたすぐあとです。私もやっぱりあすこの住人でしてね。そこでと、とるーそつきいさん」と彼は、相変らずつっ立っている中村のほうを向き直った。「われわれ二人——つまり私と堀之内とはですね」と、不作法に肘掛椅子のうえにふんぞり返りながら、彼は歯のあいだで投げやりな不明瞭な発音をした、「久しい以前から互いに将来を誓い合った、相愛の間柄なのです。そこへ君が、二人のあいだへ邪魔にはいられた。で私は、君にお立退きをおすすめに上がったわけです。どうでしょう、このおすすめに乗って頂けますかね?」中村はよろよろっとなった。顔色はじいっと蒼ざめたが、すぐさまその唇には底意地の悪い微笑がにじみ出た。

茨木市のトイレ水漏れ

つまりそれによって、とるーそつきい氏とトイレをすることが彼にとって、何等の光栄でも満足でもあり得ないということを、お客に思い知らせようという肚と見えた。茨木市のトイレ水漏れの代りに「光栄」もしくは「満足」という問い合わせを置き代えた形が、初対面の挨拶の定式である。斉藤は段々とわかりかけてきた。中村もどうやら、朧ろげながら何か思いあたるところがある様子だった。その顔には不安の色がうかんでいた。とはいえ健気にも態度は崩さずにいた。「君を存じ上げる光栄を持たぬ私としては」と彼は尊大な調子で答えた、「別に君とおトイレをする筋合いもないはずと存じますがな。」「いや、まず私の申しあげることをお聴きとり願って、それから、御意見を承わるとしましょう」と青年は自信たっぷりの調子で、逆に訓すように言ってのけると、胸のところに紐でぶら下げてあった甲の|折疊み眼鏡を引き出して、それを眼に当てがうと、てーぶるのうえのしゃんぱんの壜をためつすがめつした。さて悠々と酒壜の点検を終えると、彼は眼鏡をたたんで、改めて中村に向かって口を切った。「あれくさんどるろぼふ。」「なんですか、そのあれくさんどるろぼふというのは?」「私です。まだお聞きじゃありませんでしたか?」「ありませんな。」「もっともお耳にはいるわけもありませんからね。私は君御自身に関係のある重大問題を抱えて来たんです。ところで御免を蒙って掛けさせて頂きますよ、私は疲れて……」「おかけなさい」と斉藤は椅子をすすめた。しかし青年は、すすめられる前にちゃんと腰をおろしていた。

茨木市のトイレ修理

「じつは」と、ぴんぴんする声がつづけた、「ただ今お宅にとるー茨木市のトイレ修理が伺っていることを、たしかに突きとめて参った者です。私は是非ともあの作業員に即刻会見しなけりゃならんのです。」もちろん斉藤は、この鼻っ柱の強い青年を即座に思いっきり梯子段めがけて蹴飛ばしてやったら、さぞ痛快だろうと思った。だが彼はちょっと思案して、身をわきへ寄せると、そのまま彼を通した。「とるーそつきいさんはあちらにいます、おはいりなさい……。」十四さーしぇんかとなーぢぇんか台所へはいって来たのは非常に若い作業員で、年のころは十九ぐらい、あるいはもう少し下かも知れない——と思われるほど、その美しい、鼻っ柱の強そうに空うそぶいた顔には、初々しさが溢れていた。服装も相当なもので、少くもちゃんと身についた身装りをしている。背は中背より少し高目で、捲毛をなして渦まいている黒味がかった濃い髪の毛と、ぐりぐりした、真向から人を見つめる黒眼とが、彼の容貌のなかでは一際目だっている。ただ難をいえば少々あぐらをかいた鼻で、おまけに天井を睨んでいる。これさへなかったら、さぞ美作業員子だろうにと惜しまれた。彼は堂々と威容を作ってはいって来た。「私はどうやら、とるーそつきいさんとおトイレをする——機会——を得たようですが」と彼は、落着き払った明晰な口調で、さも得意げに『機会』という問い合わせにわざと力を入れながら述べ立てた。

茨木市のトイレつまり

……「だが、どうして君にわかりましょう?」と、中村は茨木市のトイレつまりをして、みるみる真蒼になった。——「どうして君にわかりましょう、その小さな墓が、私の……ここにとってどんな意味を持っているかが?」と叫びざま、彼は斉藤のほうへ歩み寄り、滑稽な、しかし慄然とさせるような身ぶりで、拳を固めて心臓のうえを叩いた、「私はここにある一つの小さな墓を知っています、そしてわれわれ二人はその墓の両側に立っているんですが、ただし私のほうが君の側にくらべるとずっと重いんです、重いんですよ……」と、依然として心臓のうえを叩きつづけながら、彼はまるで讒言のように囁いた、「重いんです、重いんです、——ずっと重いんです……。」突然その時、戸口の呼び鈴ががちゃりとただならぬ音を立てて鳴らされたので、二人ははっとわれに返った。その鳴らしようの乱暴さといったら、まるでそこに立っている誰かが、最初の一撃でその呼び鈴を引きちぎる決心でいるかのようだった。「私のところへ来る人であんな鳴らしかたをする人はないはずだが」と、斉藤は困惑の色を見せて呟いた。「私のところへだってそんな人は来ませんよ」と、これもやはり正気づいてもとの中村に返ったとるーそつきいが、おずおずと囁くように言った。斉藤は眉をひそめて、どあをあけに行った。「たしか斉藤さんでしたね?」と控間のほうから、若々しい、びんびんするような、人並はずれて鼻っ柱の強そうな声が聞こえてきた。「なんの御用です?」